上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
前回の記事でアップした動画「火星の人材派遣」のOLキャラクターの髪型(ツインテール)に飽きがきたので、ショートカットに戻して画像を出力してみた。


【火星のショートカット】


3Dキャラ火星のOLと竜1

3Dキャラ火星のOL1

3Dキャラ火星のOL2


(上の3DCGのキャラ、竜等の3D形状は全てShadeで作成・レンダリングしたものです。画像をクリックでサイズ大をご覧いただけます。)


もうOLと関係ないけどW



【前回の動画「火星の人材派遣」】










にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ



【 お勧め3DCGソフト 】★Shade★六角大王★Poser★は⇒ココ



Norieks DSG-3DCG



スポンサーサイト

Tag:3D 画像 ショートカット OL 火星 キャラ CG キャラクター

以前ブログで、Shadeで作った宇宙船(輸送船)を今度は動画で動かしてみようと言いつつ、全然進んでなかったのですが、GWにのらりくらり作成したものを、まだ作成途中ですが、YouTubeにアップしてみました

因みに以前の記事 → 3DCG宇宙船(輸送船)



↓今回作成したアニメーションOLキャラが乗る宇宙船火星に行く3Dアニメーション(作成途中)』



*2012年6月14日に更新




AviUtlについて

今回もいつものように、まずShadeでアニメーション設定をおこない、まんまAVIで出力、その後、フリーソフトのAviUtlで、繋ぎ合わせやエフェクト処理、テキスト追加などをおこないました。

動画編集は、最近また初心者でも使いやすいフリーソフトがいろいろあるようですが、個人的に既にかなり使い慣れてしまったAviUtlを使用しました。

AviUtlは、高機能でプラグインも充実しているフリー動画編集ソフトで、ネット上に多くの情報があります。AviUtlのお部屋 様からダウンロード出来ます。



動画変換無双について

今回、AviUtlで編集した動画をYouTube用にリサイズするのに、フリーソフトの『動画変換無双』を初めて使用しましたが、分かり易い操作性で、簡単に変換出来ました。

なにより日本語だし、YouTube用に変換する場合、メニューから『YouTubeアップロード向け』を選択出来るので、初心者でもとっつき易いと思います。

動画変換無双の詳細情報 : Vector ソフトを探す! からダウンロード出来ます。




にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ



【 お勧め3DCGソフト 】★Shade★六角大王★Poser★は⇒ココ



Norieks DSG-3DCG

Tag:3D 動画 宇宙船 火星 アニメーション キャラ フリー OL CG

お久しぶりの更新になりますが、Shadeで作成したOL3Dキャラクター4コマ漫画をUPしました。

3Dキャラや背景はShadeでモデリングし、パストレーシングでレンダリング。漫画にする際の画像編集にはPixiaやFireworksを使用しています。

3Dキャラ4コマ漫画 『ベベルなオフィス』-第22話 『ウェアラブルな時代』

3D4コマ漫画(OL)タイトル22

3DキャラOL漫画140601

3DキャラOL漫画140602

3DキャラOL漫画140603

3DキャラOL漫画140604
おしまい


↓は同時に作成した3DCG画像(3DキャラOLがウェアラブルでサーフィン)。画像をクリックで1280×1024の壁紙サイズでご覧いただけます。

3DキャラOLのウェアラブル1

3DキャラOLのサーフィン1

3DキャラOLのサーフィン2

3DキャラOLのウェアラブル2


因みに↓の画像は、上の3枚目の画像の背景(雲部分)のワイヤーフレーム。球体を適当に配置して、Shadeのボリュームレンダリングで簡単に作成出来ます。

雲背景ワイヤーフレーム



【ところで、ウェアラブルって、どうなん?】

ウェアラブルといえば、ウェアラブルコンピュータ、ウェアラブル端末など・・・・今後どうなっていくのでしょうか。

まー、仕事でどんだけ使うようになるかはわかりませんが、まずはやっぱり、エンタメの領域での利用が拡大するのかなー・・

実際、携帯電話も、これまでモバイル・コンピューティングやらユビキタスというキーワードが登場する中で、ビジネスシーンにも入り込み、ちゃんと役立ってるワケですが、何よりもエンタメ領域への影響力の方が圧倒的だと思いますし(通勤途中で携帯を利用している人々を見ると、仕事で使用している人より、ゲームその他のコンテンツを利用している人の方が圧倒的に多いように思いますw。話題と関係ありませんが、ちょっといかがわしいまとめサイトを見たり、怪しいメールを送ってる人は、『オイオイ、後ろから丸見えでっせ』みたいなw)。

そういえば、今日、こういうニュースが → アップル、ウェアラブル端末を10月に発表か--米でも報道

ウェアラブルといえば、具体的にどんな形態の機器でしょうか。

色々考えられますが、Googleグラスのような眼鏡タイプは、とりわけ、なーんか面白くなりそうな気がします。

例えば、ある企業のキャンペーンに参加して、指定された場所に行くと、眼鏡にクイズやゲームが表示されるとか、店舗に行って買い物すると、参加者の眼鏡にだけ特典のキャラクター映像等が現れたり・・・・なんか色々出来そうだし。

コンサートとか展示会のやり方も大きく変わるかも知れません。ライブビューイングを高画質パノラマ眼鏡で楽しむとか。もちろんそれが一般化することで、現場の集客が減ってはまずいので、チケットは現場のよりも高めに設定して、アカウントの管理もしっかりやるとか。

また、自分のTwitterのつぶやきが、他の眼鏡をかけてる人に、漫画の吹き出しになって見えるとか。『漫画とセパタクローが趣味で、友達募集中!』とか『○○ヲタで今、現場に向かってますが、なにか?』と吹き出しに表示させてる人がいたりしてw

まー、夢中になって眼鏡かけっぱなしで歩いたり運転したりで、事故っちゃったらマズイですけどw

なんか色々と面白くなりそうな領域ではあります。




過去の4コマ漫画『ベベルなオフィス』は、コチラ


【 お勧め3DCGソフト 】★Shade★六角大王★Poser★は⇒ココ



にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ


Norieks DSG-3DCG



Tag:漫画 3D ウェアラブル キャラクター キャラ 4コマ 画像 OL

けっこうお久しぶりの更新になりますが、Shadeで作成したOL3Dキャラクター4コマ漫画をUPしました。

3Dキャラや背景はShadeでモデリングし、パストレーシングでレンダリング。漫画にする際の画像編集にはPixiaやFireworksを使用しています。

3Dキャラの4コマ漫画 『ベベルなオフィス』-第21話 『超リアルなアニマルロボット

3D4コマ漫画(OL)タイトル21

3DキャラOL漫画1403171

3DキャラOL漫画1403172

3DキャラOL漫画1403173

3DキャラOL漫画1403174

おしまい


↓は3DCG画像(3DキャラOLと四足歩行の猫ロボット)。画像をクリックで1280×1024の壁紙サイズ。

3DキャラOLと猫ロボット

↓はワイヤーフレーム

3DキャラOLと猫ロボ(ワイヤーフレーム)



ところで、最近のロボット技術は凄いですね。

昨年は、リアルな動物のように四足歩行するロボットの動画がネットで話題になりましたし、Googleがボストン・ダイナミクスを含むロボット企業を次々と買収したこともニュースになりました。

今年2月は、大雪で大変な雪害を受けた地域がありましたが、将来的に、こういうロボット達が除雪や溶雪用、或いは孤立してしまった人達の救助用として活躍するように進化してくれたら、なんと有り難いことでしょうか。

軍用ではなく、是非、災害救助等の人助け用として、マンパワーが不足している或いは行き届かないところで活用されて欲しいものだなーと、それから、日本の企業にも海外の企業に立ち遅れることなく頑張って欲しいと思う次第です。


↓は、ボストン・ダイナミクスのロボット(Big Dog)、映画『スター・ウォーズ』に出てきたAT-ATよりも安定してそうだw AT-ATはけっこう簡単に倒されてたしw




↓去年、話題になったボストン・ダイナミクスのWildCat




↓凄いねー。四足歩行は、車輪では無理な険しいオフロードに向きそうだ。






過去の4コマ漫画『ベベルなオフィス』は、コチラ


【 お勧め3DCGソフト 】★Shade★六角大王★Poser★は⇒ココ



にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ


Norieks DSG-3DCG



Tag:漫画 3D ロボット 四足歩行 キャラクター 4コマ 画像 OL CG

昨年11月にOL3Dキャラクター漫画をUPした際、同時に作成した3DCG画像のシーンをアニメーション化してみました(去年の記事は ココ )。


↓は去年UPした3DCG画像(ベベルなオフィスOLキャラ)。キャラクターその他をShadeで作成。画像をクリックで1280×1024のサイズでご覧いただけます。

3DキャラOLとオフィス



↓は今回作成したアニメーションOL3Dキャラアニメーションオフィスの風景)』(YouTubeにUP)。




AviUtlについて

今回、まずShadeで簡単なアニメーション設定をおこなった後、特にエフェクト処理などは何もせずに動画をまんまAVIで出力、その後、フリーソフトのAviUtlを使用して、繋ぎ合わせ、繰り返し部分の編集、音素材の取り込みやエフェクト処理、テキスト追加などをおこないました。
AviUtlは、当サイトでアニメーション作成の際にいつも使用しているフリーソフトですが、高機能でプラグインも充実しており、また、ネット上に多くの情報があるので、初心者が無料で使用出来るツールとしては抜群に強力で優れていると思います。
ポイントは、メニューの 『設定』 → 『拡張編集の設定』 を選択することで、タイムライン上での編集作業(レイヤと時間軸の中での編集)が可能になるので、そこの扱いに慣れれば、初心者でも充分に高機能を使いこなせることです。拡張編集のタイムライン上に複数の動画や画像、音声を取り込んで、連結や切り出し、各種エフェクトの設定などがおこなえます。

AviUtlのお部屋 様からダウンロード出来ます。

↓AviUtlの拡張編集画面

AviUtl拡張編集画面1310


XMedia Recodeについて

また今回、AviUtlで編集した動画を、一旦、圧縮無しのAVIファイルで出力し、それを、YouTube用にリサイズしたのですが、その際にフリーソフトの XMedia Recode を使用してみました。
XMedia Recode は非常に多くのフォーマットと幅広いコーデック(MPEG-4 AVC/H.264を含む)に対応した動画&音声ファイル変換ソフトで、今回、初めて使用しましたが、日本語にも対応していて、簡単に操作出来ました。
動画や音声をYouTube用に変換する場合、何向けの変換かを指定するメニューでYouTubeを選択出来るので、細かい設定が面倒くさい場合は、そのままYouTube用のデフォルトの設定で変換することも可能です。

XMedia Recode - 窓の杜ライブラリ からダウンロード出来ます。


それから、音楽素材についてですが、

動画内の音楽(ボーカルの歌入り素材)と各種効果音は、音楽素材/魔王魂 様からお借りしました。
音楽素材/魔王魂様が提供する音楽素材は非商用・商用ともにフリーで、しかも非常に素晴らしい素材が多く(BGM素材などは、普通に音楽として楽しめます)、当ブログの管理人はよく利用させていただいていおります。

以上、各サイト様に感謝!





【 お勧め3DCGソフト 】★Shade★六角大王★Poser★は⇒ココ


Norieks DSG-3DCG


Tag:3D 動画 キャラクター アニメーション キャラ フリー OL オフィス CG

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。