CG女傑堂 - 萌え3DCGキャラクター

Shadeや六角大王で制作したオリジナル3Dキャラクターの展示ブログ。独自視点の萌えキャラや4コマ漫画、動画もあり。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

OLの3Dキャラでアニメーション(オフィスの風景)

 07, 2013 01:15
昨年11月にOL3Dキャラクター漫画をUPした際、同時に作成した3DCG画像のシーンをアニメーション化してみました(去年の記事は ココ )。


↓は去年UPした3DCG画像(ベベルなオフィスOLキャラ)。キャラクターその他をShadeで作成。画像をクリックで1280×1024のサイズでご覧いただけます。

3DキャラOLとオフィス



↓は今回作成したアニメーションOL3Dキャラアニメーションオフィスの風景)』(YouTubeにUP)。




AviUtlについて

今回、まずShadeで簡単なアニメーション設定をおこなった後、特にエフェクト処理などは何もせずに動画をまんまAVIで出力、その後、フリーソフトのAviUtlを使用して、繋ぎ合わせ、繰り返し部分の編集、音素材の取り込みやエフェクト処理、テキスト追加などをおこないました。
AviUtlは、当サイトでアニメーション作成の際にいつも使用しているフリーソフトですが、高機能でプラグインも充実しており、また、ネット上に多くの情報があるので、初心者が無料で使用出来るツールとしては抜群に強力で優れていると思います。
ポイントは、メニューの 『設定』 → 『拡張編集の設定』 を選択することで、タイムライン上での編集作業(レイヤと時間軸の中での編集)が可能になるので、そこの扱いに慣れれば、初心者でも充分に高機能を使いこなせることです。拡張編集のタイムライン上に複数の動画や画像、音声を取り込んで、連結や切り出し、各種エフェクトの設定などがおこなえます。

AviUtlのお部屋 様からダウンロード出来ます。

↓AviUtlの拡張編集画面

AviUtl拡張編集画面1310


XMedia Recodeについて

また今回、AviUtlで編集した動画を、一旦、圧縮無しのAVIファイルで出力し、それを、YouTube用にリサイズしたのですが、その際にフリーソフトの XMedia Recode を使用してみました。
XMedia Recode は非常に多くのフォーマットと幅広いコーデック(MPEG-4 AVC/H.264を含む)に対応した動画&音声ファイル変換ソフトで、今回、初めて使用しましたが、日本語にも対応していて、簡単に操作出来ました。
動画や音声をYouTube用に変換する場合、何向けの変換かを指定するメニューでYouTubeを選択出来るので、細かい設定が面倒くさい場合は、そのままYouTube用のデフォルトの設定で変換することも可能です。

XMedia Recode - 窓の杜ライブラリ からダウンロード出来ます。


それから、音楽素材についてですが、

動画内の音楽(ボーカルの歌入り素材)と各種効果音は、音楽素材/魔王魂 様からお借りしました。
音楽素材/魔王魂様が提供する音楽素材は非商用・商用ともにフリーで、しかも非常に素晴らしい素材が多く(BGM素材などは、普通に音楽として楽しめます)、当ブログの管理人はよく利用させていただいていおります。

以上、各サイト様に感謝!





【 お勧め3DCGソフト 】★Shade★六角大王★Poser★は⇒ココ


Norieks DSG-3DCG


スポンサーサイト

Tag:3D 動画 キャラクター アニメーション キャラ フリー OL オフィス CG

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。