スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DCGキャラ、演歌の女傑画像をまたUP

前回に続き、また演歌の女傑の画像(1280×1024)をShareCGにアップしやした。ShareCGは海外のCGフォーラムで、無料で3DCG作品やテクスチャなどがダウンロードできます。画像クリックでShareCG内に飛び、更に画像クリックでサイズ大がダウンロードできます(時々、いきなり広告が表示されることがありますが、気にせずクリックでOK)。
キャラクター部分はShadeの自由曲面で作成したものをパストレーシングでレンダリング。背景や文字は絵描きソフトで作成したものを合成。着物や頭巾のテクスチャーも絵描きソフトで作成したもの(データが重くなり、レンダリングが遅くなる原因でもある)。

演歌の女傑090522

下の画像は、Shadeの陰線消去透視図。

演歌歌手ワイヤーフレーム2

3DCGと全く関係ありませんが、私はメタルが好きです。メタルとは、レアメタルとか鋼材のことでは無くて、ヘヴィメタル・・・HEAVY METALのことでやんす。ヘヴィメタルと一言でいっても、そのジャンルの内部には、実に多くの分岐したジャンルが存在し(詳しい方は良くご存知のように、例えばスラッシュやデス、メロディックやパワー、ゴシック、最近では嬢メタルというのが華々しく台頭)、それぞれの音楽性は全くもって多様ですが、私が、概してヘヴィメタルというジャンルの音楽から感じるのは(あるいは、ヘヴィメタルという音楽に常に期待するのは)、ヘヴィでディープなエモーションの開放と、エモーショナルでありながらも実に精密で強烈なテクニック、実力を見せつける凄さでありんす。

ところで日本には、ご存知、演歌と言うジャンルがありんす。
私は、日常、特に演歌を好んで聴く方では無いのですが、演歌の中には、素晴らしくヘヴィでディープなエモーションと強烈な実力を感じさせてくれる曲が多々あります。

暑苦しい程の情熱、歌い上げる歌唱力、変化球的発声もあり(コブシやデス・ヴォイス)、時に社会の暗い側面に敢えて目を向け(この点、メタルは、社会の暗い側面を敢えてほじくり出し)、管弦泣きメロあり、一気にメイン・ストリームに躍り出て一斉風靡・・・というよりは、不動のコアな支持基盤を獲得してロング・ラン・・・・。

私は、メタルと演歌は、どこか共通する要素を持っていると思うんですよー。だからどーしたって言われると、どーもしないんですがね。常々思ってたことでありんす。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

(^_^)/ 管理人のオススメ ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼(^_^)v


Norieks DSG-3DCG

関連記事
スポンサーサイト
3DCGキャラクターキャラ演歌画像shade自由曲面レンダリングメタル

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。